FC2ブログ

明日はMTBの学校開催日です!

お隣さんと交す挨拶が「暑いですね~」しか出てこない今日この頃です。

明日は「MTBの学校」開催日です。
たいへん暑いので、十分な暑さ対策をお願いいたします。

熱中症対策、実は水分を取っていれば良いというわけではありません。
そもそも、なぜ汗が出るかと言えば、汗が蒸発するときの気化熱を利用して体温を下げるためです。

ところが日本のような高温多湿だと、湿度が高いため汗が蒸発しません。それでも人間の本能はなんとか冷やそうとして、汗をさらに出します。でも、汗は蒸発しません。するとどうなるか。汗ばかりがドンドン出ているのに、いっこうに体が冷やされない状態になります。このように、汗をかいても体が冷やされないことを「無効発汗」と言います。

気化熱を有効に利用するためには、風をあびたり、蒸散効果の高いシャツを着たりするなどの方法があります。西井の場合、ぴったりフィットするロングスリーブのシャツを着て、そのうえに半袖のシャツを着ています。
皮膚に密着するタイプのシャツを着ると生腕よりも表面積が大きくなるので、蒸発効果を高めることが期待できます。
s_DSC0696.jpg
だいたいこんな感じのシャツを着ています。

自転車の場合、走っているときは積極的に風をあびるのでまだマシだと思いますが、登り坂のようにスピードが遅いときや、パンプトラックの順番待ちなどは危険です。
我々も最大限の注意は払いますが、親御さんもぜひ(他人の子も含めて)注意深く観察していただけたらと思います。多くの目が事故を防ぎます。なにとぞご協力をよろしくお願いいたします。

詳しい話をお聞きになりたい方は、ぜひMTBの学校へ!
明日も9:00~スタートです!! 

草との戦いは続く・・・4

本日も草刈・・・(略
もはや「川に入ってきたの?」状態の汗だく状態です。日本は湿度が高いため「無効発汗」になりがちです。気をつけましょうね~

sIMG_20180719_090602.jpg
昨日の宿題は無事に終了。見通しが良くなりました。

IMG_20180718_084713.jpg
ちなみに昨日の状態。

今日はもう少し下まで攻めます。
sP7190779.jpg
ビッグバンクが埋もれている・・・ここにバンクあるの?状態。

sP7190780.jpg
発掘できました!

sP7190783.jpg
レコードラインだけ草が生えません。

sP7190785.jpg
いったん下りきるポイントまでは、草刈り完了しました!

エンドレス! 

草との戦いは続く・・・3

雨が降ると一気に成長しますね!

IMG_20180718_080059.jpg
ラフになっちゃった道を・・・

IMG_20180718_081624.jpg
フェアウェイに!

ここはもはやジャングル・・・
IMG_20180718_083034.jpg
 
IMG_20180718_084713.jpg
下はきれいに刈れますが、上から垂れてくるのは厄介ですね~ 明日の宿題です。

戦いはエンドレス! 

明日は中止とします

明日は「MTBの学校」開催日ですが、明日も雨が強く降る可能性が高いことと、ここまでの雨で地盤がかなり緩んでいると予想されることから、明日の「MTBの学校」は中止にしたいと思います。ご予定されていた方々にはたいへん申し訳ありませんが、安全第一ですのでご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

明日の代替日としては、2019/2/2(土)を追加で開催したいと思います。

なお、NIUの事務所は営業しておりますので、サマーキャンプ@白馬のご相談や、自転車選びのご相談などございましたら、お気軽にお越しいただけたらと思います。

次回の「MTBの学校」は7/21(土)を予定しています。
皆さまのご参加を、楽しみにお待ちしております。 

雨の日こそ!

今回のMTBの学校は、雨の中開催でした!
雨にも関わらず、今回は女の子が初めて体験に来てくれました~

s_DSC1035.jpg
高学年ともなると普通にスタンディングできるようになってくるので、土俵も変型。この形だと通常よりさらに小回りが要求されるので、ますますテクニックが磨かれていきます。子どもたちに対しては何気ない遊びのように振る舞っていますが、その時の状況に応じて適切な課題を提供しています。

sIMG_20180623_094729.jpg
山に入ればハンデ付き競争。低学年から時間差でスタートしていきます。低学年は抜かれないように、高学年は全員抜けるかにチャレンジ。それぞれのレベルでベストを尽くします。

sIMG_20180623_101211.jpg
最後はパンプトラックで〆!のはずが本降りに・・・ でも、子どもたちは楽しそうに走っています。雨だから中止?いえいえ、うちは雨でも普通に開催します(警報発令時などは別)。だって、大会やイベントは雨でもありますよ。雨の日に走るからこそ「雨対策」ができるんです。

ちょうど同じ週末にロードの全日本選手権が開催されていましたが、チャンピオンの発言がまさにそれ。
「事前に12周の試走を2回行いました。どの天候でも勝負できるように、1回は晴れで、1回は雨の中。11周を走ってから1周全力で走るという練習をしてきたので、限界に近いような終盤にどれだけ踏めるかはわかっていた。」

出典:シクロワイアード

濡れるとイヤなのは最初だけ。いったん濡れてしまうとハイになるのはナゼなんでしょう?不思議です。

次回の「MTBの学校」は7/7です。みなさまのご参加をお待ちしております~